OPP袋の活用方法



      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明袋で活用されている袋の種類は?

ダイレクトメールや商品の注入には欠かせない透明袋ですが、この袋にも色々な種類がありますよね。内容物の特長により、透明袋を使い分けするためには、その袋の特長を把握しておくことが大事でしょう。

透明袋でも今一番普及しているものはOPPという種類の透明袋と言われております。
OPP袋は透明度が高く、パリっとしている質感が特長として挙げられます。ダイレクトメール、商品の包装、花屋の花のラッピングや吊り下げ袋、ケーキのフィルムなど、多岐にわたる範囲で利用がされております。
透明度は抜群で定評がある一方、引き裂きには弱く、衝撃が加わってしまうと一気に破れることもあり、重量物や重たいダイレクトメールには適しておりません。
OPPの名称の由来は、「Oriented Polypropylene」という英字の略称で、この直訳は二軸延伸ポリプロピレンといいます。


このOPPの特長は?

端的にいえば透明フィルムを袋状に加工した状態のものです。強みを挙げると前にも説明したとおり、透明度が高く、パリッとしているということです。このおかげでOPP袋に入れておきさえすれば、美しく輝いて中の商品を反映させることが出来ます。
またコストも安いことから、コストパフォーマンスも抜群で見栄え良い商品を見せるための包装材として広く利用されています。

もう一つの強みとしては防水性が挙げられます。耐水性とも言い換えられますが、雨の日でもOPP袋にさえ入れておけば中身の紙を濡らさず持ち運びが可能です。他にも湿気が多い季節でも、例えばアパレルショップでOPP袋に商品を入れておけさえすれば湿っぽい商品をお客様に手渡さなくても済むといったメリットが挙げられます。 ちなみにおかきやおせんべいといったお菓子袋としてもOPP袋が使われておりますが、こちらは正確にはOPPとCPPのラミネート袋となっております。
なぜOPP袋がこんな特長を持っているのかと言うと、その製造工程にあります。OPP袋は正式名称は2軸延伸ポリプロピレンであることから分かるように、タテとヨコにプラスチック素材を目一杯に伸長させてフィルムにしているものです。そのために、それ以上伸びない状態となっているため、引っぱりに強く、耐水性もあるというわけなのです。

一方で弱みとしては、フィルムとフィルムの引っ付いている部分の袋の表と裏の境目から非常に裂けやすくなっております。裂けやすいため、重たい中身を入れた際の衝撃には弱い点は注意事項として挙げられます。衝撃に強い透明袋としてはCPP袋という透明袋もありますが、こちらの特長は後述します。


【掲載記事の参照URL】

http://oppfukuro.net/

http://oppfukuro.net/products/list.php?category_id=1

ABOUT

運営者
ダイレクトマーケティング
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。